肌を改善する

顔にニキビができると本当に落ち込みますよね。 やっと治ったかと思えば、ニキビ跡のクレーターになってしまうこともあります。 クレーターは、炎症したニキビが治る過程で、コラーゲンが変形してしまったり、真皮の細胞が傷ついてしまうことで、出来てしまいます。 自分でニキビを潰していなくても、炎症がひどいニキビの場合、自然とニキビ跡が出来てしまう場合もあります。 クレーター状の肌になってしまうと、自分で治すことは難しくなります。 出来れば、美容皮膚科クリニックに行って、治療をすることが大切です。 ニキビ跡には、ピーリングやレーザー治療が効果的です。 ピーリングは、古い角質を徐々に剥がす治療法なので、デコボコになってしまった肌を、時間をかけて滑らかにする効果があります。

出来てしまったニキビ跡には、美容皮膚科のレーザー治療を受けることが大切です。 ピーリングでもなかなか治らない場合は、フラクショナルレーザーがお勧めです。 レーザーは少し痛みがありますが、麻酔技術を使うので、耐えられる程の痛みです。 肌に、目に見えない程の小さい穴を、レーザーで開けることによって、肌の自然治癒力で徐々にツルツルの肌へ導きます。 フラクショナルレーザーは、1度だけでは効果があまり見えないですが、4回程受けることによって、毛穴やクレーターを目立たなくさせる効果があります。 そして、レーザーを受けることで肌が生まれ変わり、新しいニキビを作らない肌へと変化させます。 ニキビ跡が出来たとしても、時間をかけて適切な対処をすれば、必ず肌は良くなります。